アウトドア義援隊

アウトドア義援隊

震災が起きた時に、モンベルが行う「アウトドア義援隊」

熊本で最初の地震が起きた三日後の17日には、
南阿蘇の道の駅「あそ望の郷くぎの」内にあるモンベルショップ前に、
テントを張り、震災により車中泊している方々に開放しています。

東北の地震でも、モンベルの会長が誰よりも早く現地に入り、
アウトドア義援隊を仕切っていて、
一緒に支援活動をした先輩から、話をよく聞いていました。

僕の先輩は今回もすぐに行動を移して、
この時には、現地でテントを張るのを手伝っています。

彼のように、すぐに動ける姿勢は本当に頭が下がります。
彼の10分の1でも動けたらと思いました。