秋野不矩美術館

秋野不矩美術館

浜松の北部に秋野不矩美術館という美術館があります。
建築家の藤森照信さんの設計で、美術館の空間に足を踏み入れると、
まるで原始的な世界に来てしまったような気がします。

blog001_fuku

秋野不矩さんは、90歳を過ぎた後もインドやアフリカを旅し、
そこでの大地の香りや、人々の祈りをテーマに絵を描き続け、
93歳でこの世を去りました。

akino_fuku

歳をとっても、自分のやりたい事を追求する姿勢はやはり憧れます。

06build

建築家の藤森さんは、秋野不矩さんが描く汚れのない絵を見るときは、
はだかで見るのが一番ふさわしい。と考えていたそうです。
ただ、来場者がはだかになるのは難しいとの事で、
靴を脱いで裸足で鑑賞するように、この美術館は作られました。

建築の設計に、秋野不矩さんへの尊敬が感じられて、
とても素敵だと思いました。